質屋の転職

質屋に転職したいと考えた場合、気をつけなくてはならないことは何でしょうか?

「営業は苦手だし、物を買い取るだけなら、人とのコミュニケーションも少ないだろう…」と考えているのであれば、改める必要があります。

質屋で働くことというのは、人との関わりを強く持つことなのです。

品物とお金のやりとりだけではありません。

しっかりと査定を行い、その根拠を明確に伝えなくてはなりません。

恐らく、持ち主はその査定について疑問を持ち、質問をしてくることでしょう。

もっと高く査定をしてほしいと交渉してくるかもしれません。

ひどい場合は脅してくる可能性だってあります。

そうした持ち主の事情や意見を汲み取って、お互い納得のいく形に収束させるというのは、非常に技術や知識、経験を必要とします。

全てに求められるのがコミュニケーションです。

販売だけの営業よりも、考え方によっては難しい一面もあるかもしれません。

ですから、安易な転職先として質屋を選ぶのは非常に危険です。

コミュニケーションは全てのビジネスにおける基本ではありますが、特殊な文化を背景に持つ質屋では、さらに踏み込んで特殊な交渉スキルを身につけなくてはならないと考えるべきです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 質屋の転職

Comments are closed.